See the entire conversation

「ロシアの未来、3つのシナリオ:1. 北朝鮮」 「経済制裁はいかにロシアを殺すか」の執筆者Kamil Galeev氏が考える「ロシアの未来」について、3つのシナリオのうちの1つを和訳しました。だいぶ暗い見通しですが...。例によって、最初にまとめを1つ投下して詳細に入ります。
I see three plausible scenarios for the Russian future: 1. North Korea 2. Imperial Reboot 3. Jubilee Since Ukraine is resolved to fight, the choice of a Russian historical track ultimately depends upon the resolve of the West. Today I'll outline the North Korea scenario 🧵
59 replies and sub-replies as of Mar 30 2022

まとめ: ・西側が経済制裁を解除して、プーチンが権力を保った場合、北朝鮮化する。 ・プーチンの権力は強固になり、誰も意見や反論できなくなる。 ・ロシア全体は貧困化するが、上層部は痛みを感じない。むしろそれが「競争力」になる ・地方の貧困層からも徴兵しやすくなる(軍の補償が手厚いため)
1/59 私は、ロシアの将来について、3つのシナリオを考えている。 1. 北朝鮮 2. 帝国の再始動 3. 聖なる年(Jubilee) ウクライナは戦うことを決意している。ロシアの歴史路線の選択は、結局、西側の決意にかかっている。今日は北朝鮮のシナリオを概説する。
I see three plausible scenarios for the Russian future: 1. North Korea 2. Imperial Reboot 3. Jubilee Since Ukraine is resolved to fight, the choice of a Russian historical track ultimately depends upon the resolve of the West. Today I'll outline the North Korea scenario 🧵
2/59 もし西側がディエスカレート(*)し、プーチンが権力を維持した場合、彼はもっと強くなり、ロシアは北朝鮮のようになる。妄想はいけない。2月23日に戻ることはできない。「ディエスカレート」では、ロシアは現状に戻れない。 (*)戦争の様式や規模を段階的に小さくすること
If the West deescalates and Putin stays in power, he will become much stronger and Russia will become more like North Korea. You shouldn't delude yourself, there's no way back to February 23. As a result of "deescalation", Russia won't return to the status quo
3/59 西側がディエスカレートすれば、プーチンがZを急いだのは100%正しく、彼を疑う者はすべてバカだったということになる。プーチンが戦うと決めたとき、対外情報局長のナリシキンなどの官僚は躊躇した。プーチンの決断を疑ったのだ。勝利は疑念を払拭してくれるだろう。
If the West deescalates, it means Putin was absolutely, 100% right to rush Z and all who doubted him were idiots. When Putin decided to fight, officials such as Foreign Intelligence Service chief Naryshkin hesitated. They doubted his decision. Victory will dispel any doubts
4/59 プーチンのロシアをソ連、Z戦を冷戦と対比する人が多い。それは間違いだ。1945年から1953年の短い例外を除いて、ソ連は常に集団で運営されていた。政治局は実際に政策決定について議論していた。ソ連はより寡頭政治的であり、現代のロシアはより独裁的である。
Many compare Putin's Russia with the USSR and Z-war with the Cold War. That's wrong. With the brief exception of 1945-1953 the USSR was always collectively run. Politburo actually discussed policy decisions. The USSR was much more oligarchical and modern Russia is more autocratic
5/59 後期スターリン主義を除いて、ソ連は党の寡頭政治であった。支配層は集団的な決定を下し、政治局の議定書は彼らが実際に議論していることを示していた。政治局では実際に議論が行われていたのだ。現代のロシアにはディベートがない。最高指導者がいるだけだ。
With the exception of late Stalinism, the USSR was a Party oligarchy. Ruling clique made collective decisions and Politburo protocols showed they were *actually* discussing them. Politburo had real debates. Modern Russia has no debates. Only the Supreme Leader dictating his will
6/59 "ディエスカレート"推進派は、ロシア国内のパワーバランスへの影響を無視している。プーチンはすでに膨大な意思決定権力を手中にした。ソ連の支配者たちよりもはるかに。誰もが彼の判断を100%信用しているわけではないが「プーチンの勝利」はプーチンへの盲従を意味する
"Deescalation" proponents ignore its effect on the balance of power within Russia. Putin already concentrated enormous decision maker power in his hands, much more than Soviet rulers. Not everyone however, trusts his judgement 100%. Victory will show you must follow Putin blindly
7/59 1938年のミュンヘン協定を考えてみよう。ヒトラーがチェコスロバキアの危機を煽った時、ドイツの多くの人々は彼の判断を疑った。ハンス・オスター率いる国防軍とアプヴェーアの将校は、ヒトラーを暗殺し、ナチスを転覆し、ドイツを破滅させるクーデターを計画していた。
Consider Munich agreement, 1938. When Hitler manufactured crisis in Czechoslovakia many in Germany doubted his judgement. Wehrmacht and Abwehr officers led by Hans Oster planned a coup aiming to assassinate Hitler and to overthrow the Nazi rule that leads Germany to catastrophe
8/59 なぜ、その時にやらなかったのか?西側がディスカレートしたからだ。ネヴィル・チェンバレンは宥和戦略を選んだ。彼は戦争を恐れていた。だから平和を買うためにヒトラーに譲歩した。しかし、こうした譲歩は、ドイツ国内でのヒトラーの権威を大いに高めてしまった。
Why didn't they do it then? Well, because the West deescalated. Neville Chamberlain chose appeasement strategy. He was afraid of the war and thus gave Hitler concessions to buy peace. However, these concessions very much increased Hitler's authority *within* Germany
9/59 第二次世界大戦におけるドイツの転換点はミュンヘンだ。1938年、ヒトラーはドイツを危機に陥れた。多くの人が彼の判断を疑った。この狂人の殺害を企てる者もいた。しかし、その後、西側諸国は手を引き譲歩した。彼は狂人から天才になった。彼を疑った人たちこそ狂人だ。
German resolve in WWII should be viewed in the context of Munich. In 1938 Hitler put Germany on stake. Many doubted his judgement, some plotted to kill the madman. But then the West backed off and gave concessions. He isn't a madman, he is a genius. Those who doubted him are mad
10/59 外交政策は国内政策に影響を与える。国内バランスへの影響を考慮せずに、この協定やあの協定が国際的なパワーバランスをどう変えるかを考えるのは、正気の沙汰とは思えない。危険な動きをすればするほど、支配者の権力は増大する。我々は彼を疑っているが、彼は正しい。
Foreign policy impacts domestic policy. It's insane to ponder how this or that pact will change international balance of power without considering its effect on domestic balance. Every risky move he gets aways with increases the power of a ruler. We doubtet him, but he was right
11/59 私は興味深いパターンに気づいた。独裁的な行動を「非合理的」と軽々しくレッテルを貼るアナリストたちは、真の独裁体制を確立したことがない。独裁的な権力を構築する方法を知らず、それを維持する方法も知らない。彼らは自分が何を言っているのかわからないのだ。
I noticed an interesting pattern. Those analysts who casually label dictatorial behaviour as "irrational" never managed to establish a proper dictatorship. They don't know how to build dictatorial power, they don't know how to keep it. They have no idea what they're talking about
12/59 独裁者こそ、国内の力関係を変えるためリスクを顧みず「非合理的」に動かねばならない。彼が国を危機にさらせば、多くの人が彼の判断を疑う。しかし、ひとたび勝利すれば、正しさが証明される。彼は天才だ。盲目的に従うことが最も賢い。そうやって彼は力をつけていく。
Dictator *must* make risky "irrational" moves to shift domestic balance of power. When he puts the country on stake, many doubt his judgement. But once he wins, he's proven right. He's genius following him blindly is the smartest thing you can do. That's how he builds his power
13/59 ロシア国民はまだ気づいていないかもしれないが、関係者はプーチンがロシアを危機にさらしたことを知っている。「彼ら自身」の人生、財産、キャリアを危険にさらした。人々は神経質になっている。2月23日に戻り、あの時の決断をすべて取り消すことができれば。
Russian people may not have realised this yet, but officials know that Putin has put Russia at stake. More importantly, he put *them*, their lives, fortunes and careers on stake. They're very nervous. Many wish they could return to February 23 and undo all the following decisions
14/59 ロシアはウクライナと和解できない、それはウクライナの勝利を意味するからだ。プーチンが彼らをナチスと宣言し、破壊すると約束した以上、彼は引き下がれない。やってみたけどダメだった、判断力が弱い、ということでは、ロシアの中で彼の立場を崩すことになる。
Russia can't make peace with Ukraine because it would mean Ukraine has won. Once Putin declared them as Nazis and promised to destroy them, he can't back off. That would mean he tried to finish them and failed. His judgement is weak. That will break his stand within Russian power
15/59 制裁の解除は逆効果だ。ロシアと西側諸国との合意だろうとディエスカレートだろうと。 ロシア当局は、自分たちがウクライナと戦っているとは思っていない。彼らは西側と戦っている。プーチンが対立をエスカレートさせ、西側が手を引いた、という形になってしまう。
However, any agreement between Russia and the West, any deescalation, lifting of any sanctions will have the opposite effect. Russian authorities don't think they fighting with Ukraine. They think they're fighting with the West. Putin escalated conflict and the West backed off
16/59 2022年1月18日の国会でのジリノフスキーの演説。ロシア権力の統一的な立場ではないが、その世界観を反映している。 私たちは、次のような戦争をしなければならない: A. 西側諸国を打ち負かす B. 軍事的優位性を利用する C. そして、その結果、経済問題を解決する
Consider Zhirinovsky's speech in parliament on January 18, 2022. It may not reflect the united position of Russian power but it certainly reflects its worldview. We must wage a war to: A. Defeat the West B. Using our military superiority C. And thus solve our economic problems
17/59 この演説は、ロシア支配者が政策の基礎としている前提を反映している。まず、ジリノフスキーはロシアが「経済問題」を抱えていることに触れている。失言だが控えめな表現だ。実際、ロシアは深い構造的危機に陥っている。それは、安価な石油を使い果たした石油輸出国だ。
This speech reflects assumptions Russian rulers are basing their policy on. First, Zhirinovsky mentions Russia has "economic problems". It's a slip of the tongue and an understatement. In fact Russia is in a deep structural crisis. It's the oil exporter that ran out of cheap oil
18/59 ロシアには理論上、膨大な石油・天然ガスが埋蔵されている。しかし、そのほぼすべては北極圏だ。開発には超高額な費用がかかる。しかも、ロシアには単独で開発する技術がなく、欧米の投資家や供給者に頼らざるを得ない。 拙稿参照
Theoretically Russia has huge oil and gas deposits. But nearly all of them lie in the Arctic and are super expensive to develop. Moreover, Russia lacks technology to develop them alone and has to rely on Western investors and suppliers. See my thread
19/59 また、ロシアは技術輸入に依存している。ロシアはあまり生産していない。生産しているのは欧米の機械で、欧米の部品と技術で生産しているのだ。これは、現在の社会政治的秩序の中では解決できないことだ。 拙稿参照
Russia is also dependentupon technological import. Russia doesn't produce much and what it does produce, it produces on Western machines, with Western components and technologies. This can't be solved within the current sociopolitical order. See my thread
20/59 ロシアもいよいよ過疎化が進んでいる。若者が減り人口も減っている。これは、ロシアの回復力を信じる人たちが忘れていることだ。そう、かつてロシアは戦争に勝ち、工業化を進めるため、莫大な人的損失を出す余裕があった。しかし当時は国も人も若かった。 拙稿参照
Finally Russia is depopulating. It has fewer youngsters and fewer Russians. That's what believers in Russian resilience forget: yes, in the past Russia could afford huge human losses to win wars and industrialise. But back then it was young. See my thread
21/59 これがジリノフスキーが言っていた「経済問題」だ。ロシアの支配層のほぼ全員が認識している。ロシアの役人を過小評価してはいけない。彼らは天才ではないかもしれない。彼らの大半は知識人ですらない。しかし、彼らのほとんどは馬鹿ではない。
These are "economic problems" Zhirinovsky was talking about and which nearly everyone in the Russian ruling class was aware off. You shouldn't underestimate Russian officials, they may not be geniuses. Most of them are not even intellectuals. But most of them are not dumb
22/59 プーチンや彼の取り巻きの立場で考えてみよう。あなたは自分の国が深刻な危機に陥っていると知っている。過疎化が進んでいる。生産量も少なく、輸入に依存している。石油・ガスはほとんど輸出し尽くした。今や「安価な石油・ガス」は枯渇して、残りは北極にある。
Now imagine yourself as Putin or those in power who support him. You know your country is in deep crisis. It's depopulating. It doesn't produce much and is critically dependent on import. It mostly exports oil & gas and now runs out of cheap oil * gas, the rest is in the Arctic
23/59 ロシアの指導者たちは、工業生産、天然資源の採取、人口動態において、ロシアがどれほどひどい状況か、多かれ少なかれ知っていた。船が沈みつつあると知っていたのだ。だがロシア軍がどれほど悪い状況かを知らなかった。なぜか?専門家でないと分からないからだ。
Russian leadership more or less knew how badly Russia is doing in industrial production, in natural resources extraction, in demography. They knew the ship is sinking. But they couldn't know how bad is situation in Russian army. Why? Because no expert could know that
24/59 ロシア経済の惨状は周知の事実であった。クレムリンで働く者も含め、多くの人が知っていた。ベロウソフ副首相が一時的に首相代理を務めていたことを考えてみよう。彼は経済学者で、ロシアの経済と人口動態について非常に厳しい評価を下していた。
The awful situation in Russian economy was a common knowledge. Many knew including those working for the Kremlin. Consider deputy PM Belousov who briefly worked as an acting Prime Minister. He is an economist who made very grim assessments of Russian economy and demography
25/59 権力者たちは、ロシア経済については、かなり正確で信頼できるデータを持っている可能性がある。その手のデータは一般常識だからだ。誰もが簡単に検証可能な情報を入手可能だ。手に入れた者は、その多くが権力者になった。
Those in power could have quite accurate and reliable data on situation in Russian economy. Because such data is common knowledge. Everyone could easily get verifiable info on it and many of those who did, made it into the power
26/59 経済省は実力主義だ。とてもオープンで、ヘッドハンティングにも積極的だ。実は私(Galeev氏)も2021年に5回も面接に呼ばれた(=推理力が高い証拠)。欧米の学歴、テック企業出身者などを狙っている。
Ministry for Economic Affairs is very meritocratic, very open and is actively headhunting. They tried to invite me for a job interview five times in 2021 (= evidence of their high reasoning abilities). They're targeting people with Western education, tech companies background etc
27/59 プーチンには経済状況を正確に把握している職員がおり、彼らの報告書を読んでいた。プーチンと彼の取り巻きは、ロシアの経済と人口統計に関する信頼できるデータにアクセスすることができた。プーチンは、船が沈んでいることを知り、何かしなければならないと思った。
Putin has employees who accurately understood the economic situation and he read their briefs. We have every reason to believe that Putin and those around him had access to the reliable data on Russian economy and demography. He knew ship is sinking, so you have to do something
28/59 しかしプーチンに「ロシア軍の能力」に関する正確なデータを提供できた者はいなかった。そんなデータはそもそも存在しなかったからだ。ロシア軍は1945年以来、大規模な正規軍との戦闘でテストされたことはない。2022年のウクライナは、第二次世界大戦後初めての実験だ。
But nobody could provide Putin with accurate reliable data on the capacities of the Russian army. Because such data didn't exist in the first place. Russian army has not been tested in battle against big regular armies since 1945. Ukraine 2022 is the first experiment since WWII
29/59 第二次世界大戦後、ロシア軍が関与したのはせいぜい次のようなケースだ。ハンガリーやチェコスロバキアで民間人に対する警察活動。チェチェンやシリアのようなゲリラ活動。しかし、ロシアには正規軍と戦った経験はない。2022年は実験だ。 拙稿参照
Since WWII Russian army has been involved only in police operations against civilians in Hungary and Czechoslovakia, or guerrillas like in Chechnya and Syria. But Russia has no experience of fighting regular armies. 2022 is an experiment. See my thread
30/59 繰り返すが、プーチンは経済に関する信頼できるデータは持っていた。だが実戦での軍隊のパフォーマンスに関するデータは持っていなかった。存在しなかったのだ。彼は「楽勝」を信じていた将軍や専門家の意見に従った。この点で、ロシアの専門家は西側よりもひどい。
Putin had reliable data on economy. He couldn't have such data on army performance in a real war cuz such data didn't exist. He relied on opinions of generals and experts who believed in easy victory. In this respect Russian experts were not much better than the Western ones
31/59 プーチンは信頼できる「集計された」データを持っていなかった。もちろん、彼は普通の兵士と話し、逸話的なデータを得て、それを推定することはできた。その方が、「専門家の意見を聞く」よりもずっといい。シリアで戦ったワグネル傭兵のインタビューをみてみよう。
When I say Putin couldn't have reliable data, I mean reliable *aggregated* data. Ofc he could talk with regular soldiers, get some anecdotal data and extrapolate it. That would be much better than "listening to experts". Consider interview of Wagner mercenary who fought in Syria
32/59 プーチンが前線兵士の正確な逸話データを自ら収集して推定することはなかった。その代わり、彼は将軍や専門家が提供する不正確な集計データに頼ったのだ。 注:最前線で働く人々の経験を無視してはならない。
Putin didn't collect and extrapolate the accurate anecdotal data from the frontline soldiers. Instead he relied on inaccurate aggregated data provided by generals and experts who were just wrong like most experts around the world. NB: do not ignore experience of frontline workers
33/59 このデータ精度の非対称性によって、プーチンのZ侵攻の決断が説明できる。彼は、ロシア経済がどれほど悪化しているかを知っていたが、ロシア軍の強さを信じていた。経済が衰退しても、ロシアには軍事的な影響力があり、それを利用しないのは愚かなことだと考えたのだ。
This asymmetry in data accuracy explains Putin's decision to rush Z. He knew how badly is Russian economy doing, but he believed in might of the Russian army. So he thought that being in an economic decline, Russia still has military leverage which would be silly not to employ
34/59 はっきりさせておこう。これはプーチンの個人的な妄想ではない。ロシアの大衆の妄想だった。彼らはロシアの軍事力を大幅に過大評価していた。2月下旬と3月下旬のプーチンのチーフプロパガンダスト、ソロビョフの口調を比べてみよう。
I wanna clarify, it wasn't Putin's personal delusion. It was a Russian mass delusion. They greatly overestimated Russian military capacities. Compare the tone of Putin's chief propagandist Solovyov in late February and in late March
35/59 Z侵攻以前、ロシアの民族主義者たちは軍事力をレバレッジとみなし、そのことを公然と議論していた。国粋主義者の主要メディアであるスプートニクとポグロムの次の記事を引用しよう。傭兵部隊を基盤とした攻撃的な政策のイデオロギーが非常によくわかる。
Before Z-invasion, Russian nationalists saw military might as a leverage and openly discussed that. Let me quote the following article by Sputink and Pogrom - the major nationalist media. Read it, it's very telling - it's the ideology of aggressive policy based on mercenary army
36/59 記事引用(以下、41まで引用つづく) 「ロシア人は2つのことを知り、愛している。 - 戦争と文学。戦争と文学のどちらにも関わらないことは、ほとんどいつも悪い結果になる。ロシアの多くの機関は、まさにこのような理由から、重く軍事化されている。」
"Russians know and love doing two things - the war and the literature. Whatever we do that doesn't involve either war or literature almost always turns out badly. Many Russian institutions are heavily militarised for this very reason"
37/59 引用つづき 「理想主義に傾かない貧困層がいる。 ロシア人はお金が好きだ。お金のためなら人を殺す。1990年代、我々はそれを目の当たりにした...。北の国はつまらない国だ。『美しい生活』、『豊かさ』、『繁栄』によってのみ、自分を元気づけることができる。」
"We have a destitute people which doesn't incline to idealism. Russians love money very much and will kill anyone for money - we saw this in 1990s... It's a boring northern country, you can cheer yourself up only with a "beautiful life", abundance, prosperity"
38/59 引用続き: 「あらゆる軍事作戦の計画: - 兵士:マンション+国産車 - 下級将校:大型マンション+$2万の外車 - 上級士官:タウンハウス+$4万の外車 - 将軍:別荘+$8万の外車 - 防衛大臣:不動産+$8万の外車」
"Plan of any military campaign: - Soldiers get condo + Zhiguli - Junior officers - large condo + foreign car for 20000$ - Senior officers - townhouse + foreign car for 40000$ - Generals a cottage + foreign car for 80000$ - Minister of defense - estate + foreign car for 80000$"
39/59 引用続き 「以上。他に何もいらない。ウクライナ?北カザフスタン?(代わりに『南ウラル』と呼べ)アウディA4と新築マンションがかかっている。こいつらはオーストラリアさえも征服する。どこから資金を調達?石油、ガス、戦利品。愛国的なプロパガンダも必要ない」
"That's it. We don't need anything else. What Ukraine? What North Kazakhstan? Start using "South Ural" instead. Audi A4 and new condo are at stake. These guys will conquer even Australia. Where do we get the money from? Oil, gas, trophies. We don't even need patriotic propaganda"
40/59 引用続き: 「なぜコンスタンチノープルを占領する?『黒いキャビアを食べ、トップモデルとキャデラックに乗りたいから』とは答えられぬ。だからアヤソフィアの上にある十字架や正教の話をする。それで十分。どんな正当化でもいい。第五インターナショナルでも」
"Why are you occupying Constantinople? You can't respond: "I want to eat black caviar and ride on Cadillac with top models". So we will talk of the cross over Hagia Sophia, Orthodoxy. That's good enough. Any justification is good enough including even the Fifth International"
いや、アフガニスタンは…
当時は戦争とは思わない武器を持たない時代だったと思う。 日本の陸軍が農民や漁民が住む所を侵略したのと同じでしょう。日本の敵無い侵攻に八ロ部隊が結成され反撃した(中国工農紅軍)が拡張され日本陸軍は撤退をせざる得ない。蒋介石も同様に台湾に逃げた。
和訳大変わかりやすいです。有難うございます。 ただ、ここの最後の一文にある「ドイツを破滅させるクーデター」は誤訳ですね。正しくは、「ドイツを破滅へと導くナチスによる支配を打倒するためのクーデター」です。
誤訳のご指摘ありがとうございます。確かにそうですね。140文字におさめようとしてゴニョゴニョ動かしているうちに、文脈を間違えてしましました。
後段は「…ヒトラーを暗殺し、ドイツを破滅に導くナチス体制を転覆するためのクーデターを計画していた」かなと思います。
> ウクライナは戦うことを決意している。 ただし、NATO・アメリカの莫大な支援が続く限りは、だな。 ウクライナ単体に継戦能力は無い。 ロシアにはある。 決意で勝てるなら大日本帝国は今でもあるわw
原油ショーターが上海ロックダウンで 原油株を利確に動いてミーム株とハイテク株を買ったと思うんですがどう 思われますか
私も読みましたが、iPhoneもプレステのソフトも海外の学術論文も手に入らなくなると、ロシアでの生活に魅力がなくなり、脱露できる人はみんな脱露するでしょうね…。
クッソキッツい内容だけど否定要素がないのは恐ろしい話ですわ…
こいつ、データ並べて合理的に見えるが、ようはプーチン死ねって呪詛してるだけなのは相変わらずだな 出生率を問題視するがロシアより良い出生率の国は西欧州にはないし、ロシア軍は実戦経験ないと言うが、アフガン紛争無視してる 繰り返すが経済制裁で潰れた国は無い。 北朝鮮化? 潰れてないやんかw
北朝鮮の体制の問題点は、北朝鮮は日本帝国のコピー国家で、権威と権力を血統により継承し国家の正統性としようとしてることだ。 プーチンの親族で国家の要職についてるのいない。 つまり北朝鮮化できねーよ。
大北朝鮮化は、日本人にとって最も想像しやすいパタンなので、残りの2種類の和訳も読みたいです。 Jubileeってなによ
ロシアを経済制裁しない賢く公正なインド、中国、ASEAN、中東、アフリカ、中南米など60億人が独自の経済を形成します。 英米がリードしてきた10億人のイカサマ社会はオシマイです。 日本はG7に見切りをつけてアジアに復します。欧米はさっさと破綻すれば良いと思います。
人材派遣会社株式会社エントリー九州沖縄担当の人オマエ200パーセント許さないです。